東京環境経営研究所 中小企業 支援 化学物質管理

[東京環境経営研究所の製品含有化学物質規制に関するご支援]

製品含有化学物質規制と企業活動について
RoHS指令やELV指令、REACH規則をはじめとする製品含有化学物質規制は、EUのみならず、世界中の企業に影響を及ぼすとともに、日本、米国、中国、韓国、台湾、インド、タイ、ベトナム等EU以外の国々でも、環境に関する関心が高まるにつれて関連する規制が次第に強化されつつあります。
これらの法規制は、たとえ、貴社の得意先が日本国内のみであっても、最終製品がEUに出荷される場合には、サプライチェーンに関わる企業全てに対応が求められるなど製品含有化学物質規制は日々の企業活動と切り離せないものとなりつつあります。
製品含有化学物質への対応は得意先の調達基準の1項目となっており、対応できないサプライヤーは市場から淘汰される一方、先んじて対応すれば競争力がアップし業績向上のチャンスとなる可能性もあります。私たち、一般社団法人東京環境経営研究所では、サプライチェーンの要である中小企業の皆様に対し、中小企業診断士を中心とした製品含有化学物質管理に精通した専門家による皆様のニーズに合わせた中小企業診断士ならではの経営という視点から考えたご支援を実施しています。どのようなことでも気軽にご相談ください。
化学物質規制 RoHS REACH ELV 環境経営 中小企業 支援
私たち、一般社団法人東京環境経営研究所では、サプライチェーンの要である中小企業の皆様に対し、中小企業診断士を中心とした製品含有化学物質管理に精通した専門家による皆様のニーズに合わせた中小企業診断士ならではの経営という視点から考えたご支援を実施しています。どのようなことでも気軽にご相談ください。
・主な支援内容について
■個別相談(課題解決)
製品含有化学物質規制に関する得意先の要請やグリーン調達の実施等によって各社各様の様々な問題および課題が発生します。
貴社固有の問題および課題に対して、貴社の内容に応じた解決の為の支援を行います。
■セミナー講師派遣(知識習得によるレベルアップ)
日々変化する世界各国の規制動向等に関する情報をいち早くご提供し、貴社内の関係者やサプライヤーのレベルアップをご支援いたします。
化学物質規制 RoHS REACH ELV 中小企業 支援 環境経営
■個別コンサルティング(経営体制構築支援)
新規体制・仕組みの構築や既存体制・仕組みの効率化等、貴社の現状の取組状況や事業内容等に応じた製品含有化学物質管理の構築を中小企業診断士ならではの形でご支援いたします。
・当研究所の実績について
一般社団法人東京環境経営研究所は、日本国内における製品含有化学物質管理のトップクラスの専門家を擁し、相談会、セミナー開催、書籍執筆等の様々な媒体を通じて各種情報提供しております。
資料編
・世界の化学物質規制について
 世界中で人の健康や環境汚染に対する関心が高まるなか、世界各国で化学物質管理の法令の改正、制定等が行われるようになりました。日本企業も無関係では無く、輸出企業のみならず輸出を行わない企業においても対応が求められるようになってきました。世界の化学物質規制について理解を深めることは企業活動を行う上で、必要不可欠になっています。そこで、主な国々(「米国」、「カナダ」、「EU」、「中国」、「韓国」)の化学物質法規制の根幹となっている「物質の登録や評価」に関する法規制を整理しました(「世界の化学物質規制の状況(2012年4月現在)」参照)。各国ともに目指す方向は同じですが、企業に求める内容には差異もあります。各国の化学物質に関連する詳細情報や動向の入手、具体的な貴社の対応等について、お困りの場合は、下記までご連絡ください。化学物質法規制に精通した専門家が貴社の課題をご支援させていただきます。
お問い合わせ先:ecoken@nifty.com
ISO-RoHSガイダンス文書をアップしました。
 マネジメントシステム
-製品の化学物質等の使用制限に関する法規制遵守のためのガイダンス(仮称)
(ISO-RoHSガイダンス文書)
経済産業省 化学物質管理政策 3.委託事業報告書 に化学物質管理関連の下記の報告書が掲載されています。
平成24年度環境対応技術開発等(製品含有化学物質の情報伝達の実証調査)報告書(平成25年3月)
別紙1 化学物質管理の手引き
別紙2 巡回指導報告書様式
別紙3 中小企業化学物質管理促進パンフレット
別紙4 よくある質問と回答(FAQ)及び便利なリンク先
平成25年度化学物質安全対策(中小企業における製品含有化学物質の情報伝達の効率化に関する調査)報告書(平成26年3月)
別紙1 製品含有化学物質管理ガイド 企業担当者向け
別紙2 製品含有化学物質管理ガイド 企業の化学物質管理協力者向け
別紙3 製品含有化学物質管理ガイド 中小企業診断士等専門家向け
別紙4 副読本 CE マーキング 技術文書の作成の手引き
別紙5 よくある質問と回答(FAQ)及び便利なリンク先
製品含有化学物質管理ガイドの活用のお願い
企業担当者用ガイド アドバイス版

経済産業省広報誌「METI Journal 6・7月号」に

RoHS/REACHに関連する情報伝達スキームの経済産業省の考え方が紹介されています
(TKKの松浦理事長他がコメントしています)。
[東京環境経営研究所のメンバーが講師をつとめるセミナー等のご案内]
【TIRIクロスミーティング2018】
○テーマ:『RoHS指令に対応したフタル酸エステル類の分析方法』
都産技研 (口頭発表)TIRIクロスミーティング

日時:平成30年7/12(木)13:00から13:20
会場:東京都立産業技術研究センター 2階研究室241  江東区青梅2-4-10
受講料: 無料
講師:都産技研 環境技術グループ 平井 和彦様
事前予約不要
【KISTEC セミナー】『RoHS/REACHに対応する自律的マネジメントシステムの構築コース 導入編
○テーマ:『法規制の本質と新たな課題を知る~フタル酸エステル類規制を例に考える企業対応~』MTEP(神奈川県&東京都連携)セミナー
[東京会場]
日時:平成30年7/3(火)13:00から17:00
東京会場:東京都立産業技術研究センター 東京イノベーションハブ 江東区青梅2-4-10
受講料(税込み): 1,000円
講師:可塑剤工業会 柳瀬 広美技術部長  KISTEC 阿久津康久川崎技術支援部長 東京環境経営研究所理事長 松浦徹也他

参加申込書:KISTEC(神奈川県立産業技術総合研究所) 平成30年度教育講座 (導入編(7月3日)東京会場追加)

[神奈川会場(]
日時:平成30年7/4(水)13:00から17:00
会場:かながわサイエンスパーク 内 講義室
受講料(税込み): 1,000円
講師:可塑剤工業会 柳瀬 広美技術部長  KISTEC 阿久津康久川崎技術支援部長 東京環境経営研究所理事長 松浦徹也他

参加申込書:KISTEC(神奈川県立産業技術総合研究所) 平成30年度教育講座 (導入編(7月4日)キャンセル待ち)

出版のお知らせ~製造・輸出国別でわかる!化学物質規制ガイド~
○こんな本を待っていた…!各国の化学物質規制をカバー!化学物質管理担当者必携の書各国化学物質規制
○電気電子製品の含有化学物質規制、廃棄・リサイクル法などについて国別・規制種別に整理
し、理解しておくべきポイントを解説する。現場が抱えている疑問をQ&A形式で事例掲載する
ほか、化学物質管理の仕組み作りポイントも解説。

○編著者名 松浦徹也 加藤 聰 中山政明 編 一般社団法人 東京環境経営研究所 監修
○定価 3,024円 (本体:2,800円)
2018年1月16日に第一法規株式会社より出版予定です。現在、予約販売中です

『参考URL集』(2018年5月確認) (初版監修 東京環境経営研究所理事長 松浦徹也)にリンクを貼りました
『Candidate List(SVHC) 181物質』(2018年3月確認) (初版監修 東京環境経営研究所専務理事林 譲)にリンクを貼りました
『略語集』(2017年5月確認) (初版監修 東京環境経営研究所理事長 松浦徹也)にリンクを貼りました
(今後もURL集等を定期的に更新する予定)
“ケムシェルパ”を活かした 「よくわかる規制化学物質のリスク管理」が2017年3月出版されました(日刊工業新聞社出版)
監修 (一社)東京環境経営研究所 編著 松浦 徹也 定価(税込) 2,484円
これまで国内では、製品、部品に含まれる化学物質の企業間の情報伝達に2つの業界標準スキームが使われていた。それを統合する形で経済産業省の主導で化学物質情報伝達の統一スキーム「chemSHERPA(ケムシェルパ)」が開発され、2018年度から実施される。本書はケムシェルパについて、その概要とケムシェルパを活用した化学物質のリスク管理方法をわかりやすく解説する。
『改正RoHS指令和訳』 『改正WEEE指令和訳』(2016年4月8日)(翻訳 東京環境経営研究所副理事長 瀧山森雄)
『EU RoHS指令 附属書III 除外の状況の整理』 (初版(2016.6.27) 監修 東京環境経営研究所理事長 松浦徹也)
○2015年5月18日に公表された『中国RoHS管理規則案の要旨』 (東京環境経営研究所理事長 松浦徹也意訳(2015.6.26改訂))
産業技術研究所[MTEP]海外規格解説テキストのご案内
「CEマーキング入門シリーズ」や「CEマーキング応用シリーズ」など、製品を海外へ輸出するときに役立つ内容をまとめた
無料配布のテキストです。 多くの企業の皆さまにご活用いただいています。
○テクノヒル株式会社の【化学物質管理】「厚生労働省 平成30年度ラベル・SDS活用促進事業」の受託によるリスクアセスメント無料訪問指導についてにリンクを貼りました。
東京環境経営研究所(TKK)の専門家も本化学物質のリスクアセスメント支援を行っています。
リスクアセスメント無料訪問支援 訪問お申込書もリスクアセスメント無料訪問指導のリンク先に入っています。
○『環境マネジメント研究会設立20周年、一般社団法人東京環境経営研究所設立5周年記念式典』(2017年6月)

記念式典に多くの方々のご参加をいただき、有難うございます。

JASIS2017 コンファレンス ご報告
JASIS2017 コンファレンスにご参加頂くとともに、東京環境経営研究所の展示ブースにお立ち寄り頂き、有難うございます。
JASIS2017 の理事長松浦の講演資料は、TKKの新HP(http://www.tkk-lab.jp/) の会員ページにアップしてあります。
JASIS2016 コンファレンス ご報告
1.「フタル酸エステル類に関して」          可塑剤工業会  柳瀬広美 様
2.「RoHS/REACHなど実務支援の現状報告 その1」   MTEP    萩原利哉 様
3.「RoHS/REACHなど実務支援の現状報告 その2」   KAST    山口 愛 様
○JASIS2015
講師:経済産業省 製造産業局 化学物質管理課 企画調整担当 中沢 潔課長補佐
新情報伝達スキームChemSHERPAの動向
chemSHERPAのデモンストレーション(みずほ情報総研)
chemSHERPAデータ作成支援ツール概要  chemSHERPA概要補足説明資料
○JASIS2014 [コンファレンス・セミナー]
講師:経済産業省 製造産業局 化学物質管理課 丸山晴生企画調整係長
新しい情報伝達スキームの検討状況について~日本標準から世界標準へ~