東京環境経営研究所 節電 中小企業 支援 エコステージ 化学物質管理
節電 省エネ 中小企業 支援 環境経営
節電 省エネ 中小企業 支援 環境経営 ピークカット
節電 省エネ 中小企業 支援 環境経営 使用電力量
[東京環境経営研究所の節電、省エネのご支援]
・温度と消費電力のグラフを元にしてのその日の気温から空調に必要な電力量を予測します。
・生産状況により最大消費電力が変わります。装置の稼働時間・稼働順序などを工夫し、最大消費電力の削減を図ります。
・装置類の稼働状況に応じた詳細な電力消費状況を計測する必要があります。東京環境経営研究所では計測データと設備稼働状況の分析などにより、有効な対策を見つける為の工夫も行います。
・東京環境経営研究所では中小企業の皆様への省エネ・節電支援を継続して行い、200社以上の支援実績を有しています。
・中小企業経営や生産現場の実態を理解している中小企業診断士が具体的で実現可能なアドバイスをご提案します。

 

 

[東京環境経営研究所のメンバーが講師をつとめるセミナー等のご案内]
○環境マネジメント研究会(EM研)の勉強会のご案内
日時:平成30年2月17日(土) 13時から15時
場所:八王子労政会館 〒192-0046 東京都八王子市明神町3-5-1
講師:東京環境経営研究所社員 杉浦 順
「海外化学物質規制について!」
参加費:無料

中小企業診断士の方等のご参加をお待ちしております。
ご参加の方は、メール(ecoken@nifty.com)あて、予め、連絡して頂きたくお願いします。

環境マネジメント研究会(EM研)では、毎月勉強会を行っています。
今後も勉強会の案内を掲載していく予定です。

○環境マネジメント研究会(EM研)の勉強会の実施メモ
日時:平成30年1月20日(土) 13時から15時
場所:マロンホール
講師:東京環境経営研究所社員 長谷川 祐
「収益力をアップさせる化学物質規制対応ノウハウ!
海外展開を目指す部品メーカーが押さえておくべき化学物質規制RoHS/REACH」
・RoHS REACHは何のための法律
・サプライチェーンを制する者は化学物質規制対応を制する
・ここだけ抑える 部品メーカーが知っておくRoHSとREACH
・ケムシェルパとは IMDSとは 情報伝達スキームを抑える
・収益力アップの好機はここにある!
の項目についてのプレゼン実施。

通常企業収益からみるとRoHS/REACH等化学物質管理規制対応はコストアップ要因になることが多いが、
考え直してみると、化学物質規制対応を有効に実施することは実施していない他社に対して競争優位性を
持つことになり、収益にとって重要なプラス要因となることをコンセプトとして、RoHS/REACHの基礎および
chemSHERPAなどの最新動向なども解説するとともに、ディスカッションを行った。